トップページ の中の 製品案内 の中の レンタルテント の中の 安全にご利用いただくために

安全にご利用いただくために

使用環境

  • 大雨、強風、突風、雪、雷などの天候不順時、または設営期間中にそれが予想される場合には、危険ですので使用しないでください。テント本体が倒れたり、飛ばされたり、水が溜まる恐れがある上、人が傷害を負ったり、物を破損させる原因となります。また、降雪時には雪が積もり倒壊する恐れがありますので、使用しないでください。

用途

  • 常設用としては使用しないでください。
    一時的かつ簡易的にしようすることを目的とした構造となっているため、常設すると事故につながる可能性があります。また完全な雨除けとしてはご利用いただけません。
  • 登ったりぶら下がったり、物を吊るすなど過度の負担を掛けるような行為はしないでください。 倒壊や破損の恐れがあり危険です。

取扱上の注意

  • 設営時にはテントが水平になるよう設置し、ロープやウェイト等でテント支柱を固定し、はりづなを取付てください。固定した後も、突風により倒壊や破損の恐れがあります。
  • 使用の際は、無人で放置しないでください。
  • 電源や火気類を近づけないでください。フレームには金属を使用しており、感電の危険があります。天幕の素材には、難燃性の物を使用しておりますが、破損や火災発生の原因となります。
  • 撤去後、部品が全てそろっているかご確認ください。
  • 天幕に水が溜まらないよう御注意ください。

特に下記の点にはご注意いただき、安全にご使用ください。

  • テントサイズが大きくなればなるほど、風圧を受けやすくなります。
  • 風対策をしっかりしていても過信せず、風の強い日は設営を控えるか、撤去してください。風対策をしっかりしていても過信せず、風の強い日は設営を控えるか、撤去してください。
  • 横膜を取付ていない時以上に注意してご使用ください。
施工見本 テントをしっかり固定していないと、突風・強風で飛ばされる危険がございます。
施工見本 しっかりと風対策をしていても強風・突風の風圧によりフレームに過度の負担がかかり、倒れる危険がございます。

風速の目安

  • 風速10m/s以上の場合は、使用はお控えください。
風速5m/s 砂埃がたち落ち葉が舞う
風速8m/s 葉のある潅木が揺れはじめる。池の水面に波頭が立つ。
風速10m/s 樹木が激しく揺れ、電線などがぴゅうぴゅうと鳴る。雨傘が壊れる
風速15m/s 取付の悪い看板が飛ぶことがある。
風速20m/s 身体を60度くらいに傾けないと立っていられない。
風速25m/s 屋根瓦が飛ばされる。樹木が折れる。煙突が倒れる。

お見積もり・お問い合わせはこちら

このページの一番上に戻る