トップページ の中の 製品案内 の中の 企業向けテント の中の 間仕切り の中の ビニールカーテン

間仕切り

ビニールカーテン

ビニールカーテンの写真

ビニールカーテン設置のメリット

  • 出入りが楽々→作業効率Up!
  • 空調を効率化ができる→作業効率Up&空調コストDown!
  • 防塵・防虫・防音・静電効果→製品品質Up!
  • 透明だから開放感のある作業場所ができる→作業効率Up!
  • 光が通るので余分な照明がいらない→照明コストDown!

ビニールカーテン施工例

ビニールカーテン
ビニールカーテン
C001
ビニールカーテン

「ステンレスレール仕様 天井吊り式ビニールカーテン」
size[m]:W6.7×H2.8
Fabric:透明糸入りビニール
Option:吊り金具、ステンレスレール

ビニールカーテン

ステンレスレールは耐蝕性に優れているため、鉄では錆が発生してしまう環境ではこちらをお薦めしています。 障害物が多い条件でしたので、つり下げ用の金具を使い、レールを支持しました。


ストリップカーテン(タカシート)
ストリップカーテン(タカシート)
C002
ストリップカーテン(タカシート)

「スライド可能なストリップカーテン」
size[m]:W2.5×H2
Option:スライド用レール

ストリップカーテン(タカシート)

手を使わずに、出入りのできるストリップカーテンですが、便利さ故に固定されてどけることができない場合がほとんどです。 スライド式にすることで、必要のないときにはサイドに収納しておくこともできます。


C003
ストリップカーテン及びビニールカーテン(タカシート)

「出入りの多い場所、少ない場所でのカーテンの使い分け」
ストリップカーテン及びビニールカーテン(タカシート)
ストリップカーテン及びビニールカーテン(タカシート)
ストリップカーテン及びビニールカーテン(タカシート)

ビニールカーテン
size[m]:W10.6×H35.8
Fabric:透明糸入りビニール

ストリップカーテン
size[m]:W8.7×H4x

ビニールカーテンに比べ、のれん状のストリップカーテンはコスト的に高くなります。そこで、頻繁に物の出し入れを行う箇所にはストリップカーテンを、比較的出入りの少ない箇所にはビニールカーテンを設置し、作業効率とコスト面の両方を損なわない仕様としました。


ストリップカーテン(タカシート) C004
ストリップカーテン(タカシート)

「ストリップカーテンで面倒な引き戸の開け閉めを解消」
size[m]:W2.5×H3.5

ストリップカーテン(タカシート)

フォークリフトで資材を搬入出する際にドアを開け閉めする手間が省けるので、無駄な時間の削減になります。


C005
ビニールカーテン及び固定間仕切り

「臭気もれ防止用ビニール間仕切り」
臭気もれ防止用ビニール間仕切り
臭気もれ防止用ビニール間仕切り

size[m]:W10.3×H3(カーテン)
           W4.5×H3.5(固定)
           W5.9×H3.5(固定)
Fabric:透明糸入りビニール
Option:カーブレール、上部隙間隠し
          空気排出口下地

特定の装置から臭気が漏れるため、その箇所のみを区分けをカーテンと固定間仕切りでおこないました。極力臭気が漏れないよう、天井鋼材の隙間や配線部分をビニールで埋めました。

空調引き込み用下地

□空調引き込み用下地

区分けしたスペースにも空調がいきわたるよう、工事終了後に引き込みをおこないました。事前に下地を用意しておきましたので、ホースを下地に乗せ、ビニールの切込みからホースを挿入し、追加のビニールで隙間を塞ぐことで簡単に引き込み作業を終えることができました。

C006
電動スライド式タカシート

「スイッチのオンオフでスライド可能なノレンシート」
電動スライド式タカシート

size[m]:W2×H3
Fabric:ポインター付きタカシート
Option:電動モーター、押し出し金具

お客様のご要望により、スイッチのオンオフでノレンシートが開閉する機能をつけました。手を使わずに開閉ができるため、製品及び手に汚れが付く心配がありません。










電動オプション

□電動オプション

既製品でノレンシートを電動できるものが見当たらなかったため、一般カーテンの電動パーツを流用し取り付けをおこないました。本来とは異なる製品を動かすため、取付金具の強度、レールの寸法等を工夫しスムーズな開閉を実現させることができました。

C007
隙間隠し付きビニールカーテン

「カーブレールを使い必要な時だけビニールカーテンで囲いを作る」
電動スライド式タカシート電動オプション

size[m]:W2×L4×H3.1
Fabric:糸入り透明ビニール
Option:吊り棒、カーブレール

カーブレールを2つ使用することで、必要な時だけスペースを囲えるビニールカーテンを設置致しました。既設の照明器具があるため、レールは天井H鋼材より吊り材を使用し固定しています。今回は0.5m/m厚の生地を使用していますので、重量の関係で2点吊りの吊り材を採用致しました。カーテンと壁面との接合部に段差があったため、隙間塞ぎ用のシートを固定で取付けカーテンとマジックテープでジョイントできるように加工されています。

C008
ビニールカーテン及び階段の隙間塞ぎ

「空気の通り道を塞ぎ気温を保つビニールカーテン」
空気の通り道を塞ぎ気温を保つビニールカーテンすきまふさぎ

size[m]:W7.55×H3.7
Fabric:糸入り透明ビニール
Option:先導パイプ、振れ止めチェーン

出入りの激しい工場出入り口は、フォークリフト等の乗り入れが優先されるため開けたままにされがちです。作業場所が出入り口と隣接している場合空調を効かせても外気との境がないため環境を整えることができません。そこで今回はビニールカーテンで区分けをして、また多少の風ではカーテンが開いてしまわないようにチェーンを取付け振れの予防をしています。

□すきまふさぎ

今回ビニールカーテンで区分けをしたすぐ隣に階段があったため、そこからの空気のもれも防ぐ必要がありました。そこでビニールを階段の側面と下側から金具で固定し隙間塞ぎをおこないました。カーテンについても、レールとカーテンのわずかな隙間や、カーテンと床との間もビニールを伸ばすことで隙間を塞いでいます。

C009
透明ビニールカーテン

「内部の様子がよくわかる透明ビニールカーテン」
内部の様子がよくわかる透明ビニールカーテン部分開閉シート

size[m]:W1×H2.3
          W2×H2.2
          W2.6×H2.4
Fabric:透明ビニール
Option:部分開閉シート

間仕切り内での作業が外からよく見えるようにと、透明ビニールを補強しカーテンを製作致しました。糸入り透明ビニールでも内部のようすを伺うことはできますが、無糸の透明ビニールの方がよりクリアに内部を見渡すことができます。

□部分開閉シート

内部作業中に外部のスイッチやバルブが回せるようにマジックテープで開閉可能なシートを取り付けました。

C010
タカシート

「出入り口の内側にお勧めなノレンシート」
出入り口の内側にお勧めなノレンシート取付け下地

size[m]:W4×H4×H2.6
Fabric:タカシート
Option:下地金具

シャッターが開け放たれていることが多いため、防寒対策としてノレンシートの取り付けをさせていただきました。透明度の高いシートですので、出入りの様子が良く見え、衝突する可能性が低くなります。

□取付け下地

今回は適切な強度を持った下地がなかったため、既設シャッターボックスに取付け金具を補強し下地を取り付けました。意外とカーテン自体の重量があるので取付けにはしっかりとした下地が必要となります。

C011
屋外ビニールカーテン

「庇部分に雨風の侵入を防ぐビニールカーテン」
庇部分に雨風の侵入を防ぐビニールカーテン庇部分に雨風の侵入を防ぐビニールカーテン

size[m]:W20×L2.9
Fabric:糸入り透明ビニール
Option:振れ止めチェーン、上部隙間隠し

もともとは駐車場として利用していた場所を雨風の入らない軽作業のできるスペースにするため、ビニールカーテンを設置しました。少量の風ではめくり上げられないよう、カーテンの裾にチェーンが取り付けられています。ただ台風のような風の強い時には、カーテンが風に振られてレールが破損する可能性がありますので、写真のようにタッセルでしっかりと柱に固定が必要です。

お見積もり・お問い合わせはこちら

このページの一番上に戻る