トップページ の中の 製品案内 の中の 企業向けテント の中の 固定テントハウス(テント倉庫)

固定テントハウス(テント倉庫)

  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12   >

積雪2m地域テントハウスの写真

667号適合テントハウス例

667号適合のための条件ー面積

667号適合のための条件ー面積        667号適合のための条件ー面積
テントハウスに関する法令を定めた667号により、面積が1000平米以下の場合構造計算の面で緩和処置を受けることができます。このため、テントハウスのメリットを活かせるよう間口幅と奥行きの決定をおすすめしています。

667号適合のための条件ー開口位置

667号適合のための条件ー開口位置        667号適合のための条件ー開口位置
テントハウス妻面に開口を設ける場合、フレームいっぱいまで開口幅をとることができます。側面については8m以上の開口をもうけた場合、667号の緩和処置を受けることができませんので、不都合がなければ妻面に大型開口は設置をおすすめしています。側面に大型の開口を設けたい場合にも、弊社にて施工可能ですので、ご相談下さい

記入簡単!テントハウス専用お問い合わせ用紙
開閉部の大きさを図中に記入してください。
ご記入いただきFAX・Emailにて送信ください。
*PDF表示にはAcrobat Readerが必要です。


お電話でのお問い合わせ FAX・Email・メールフォーム
お問い合わせ窓口
          お気軽にご相談下さい
          受付時間 8:00~17:00(平日)
          
          FAX 0584-32-2315
          Email info@takadasoubi.com
          

総合・間仕切りカタログをご用意しております

      総合カタログ     間仕切りカタログ
テントのことや施工までの流れがもっとよくわかる2つのカタログをご用意しております。
ぜひお問い合わせください
          

このページの一番上に戻る