トップページ の中の 製品案内 の中の 企業向けテント の中の 固定テントハウス(テント倉庫)

固定テントハウス(テント倉庫)

固定テントハウス(テント倉庫)の写真

メリット1. 省エネ効果

省エネ効果テントの写真 省エネ効果テントの写真
テント素材は光の透過率が高いため、日中の照明がいらないほど、内部を明るい光で満たすことができます。光は通しますが、有害な紫外線のカット率はほぼ100%です。日中に内部照明を使わないので省エネ効果抜群です。 夏にはテントハウス内は暑くなりがちです。この弱点をテントを二重張りにすることにより、内部の暖まった空気を排除し快適な環境を作ることができます。これまで逃げていた冷たい空気を、作業場に残すことができるのでさらに省エネ化を進め事ができます。

メリット2. 短工期

短工期テントの写真 短工期テントの写真
テントハウスの施工実績を二〇年間積み重ね、順次パーツの規格化、施工手順のシステム化を進めてきました。その結果、通常200㎡のテントハウスであれば建て方、幕張を二日間程度でスピーディーに完了することができます。 基本的にテントハウスは現場でのボルト接合のみで設計されています。アンカーボルトには、構造計算でも安全の確認されているメカニカルアンカーを使用しますので、余分な経費と手間を掛けることなく、施工することができます。

メリット3. 優れた強度

優れた強度テントの写真 元来移動用や仮倉庫用に開発されたテントハウスですが、技術の進歩により、現在では、積雪2mの多雪地域でも確認申請物件として設営できます。また幕材についても防水はもちろん、防炎、中には不燃性を備えたものもあり、優れた耐久性をもっています。

メリット4. 容易に移設・撤去ができる

容易に移設・撤去ができるテントの写真 テントハウスはボルト組み立てによりフレームを構築し、フレームと幕は丈夫な金剛打ちロープで定着させます。溶接など分解が困難な接合部がないので、迅速な撤去と移設を行うことができます。

メリット5. 軽量なので基礎が小さい

軽量なので基礎が小さいテントの写真 建築基準法667号適合のテントハウスの場合、通常の建築物の40%程度の基礎となります。基礎のサイズが小さくてすむので、地盤改良の範囲や経費の面でメリットがあります。

お見積もり・お問い合わせはこちら

このページの一番上に戻る