トップページ の中の 製品案内 の中の 企業向けテント の中の 固定テントハウス(テント倉庫)

固定テントハウス(テント倉庫)

テントハウスに関する法令

テントハウス(テント倉庫)は確認申請を行う際に、下記の条件内であれば緩和処置を受けることができます。

□テント倉庫建築物(固定式)の審査(告示667号要約)
用途 倉庫
適応範囲 延べ面積≦1000㎡
軒高≦5m
妻の形式:切り妻・片流れ・円弧
階数:1階

国土交通省ホームページ「告示・通達データベース」にて当告示全文をご覧になれます。

法令に関するイメージ図1 法令に関するイメージ図2
延べ面積=A×B≦1000㎡ H:軒高≦5m

法令に関する切り妻の写真 法令に関する片流れの写真 法令に関する円弧の写真
切り妻 片流れ 円弧

以上の条件を超えるテントハウス、膜構造物に関しても、対応可能ですので一度お問い合わせください。


告示667号適応外 施工例
告示667号適応外施工例の写真 国土交通省告示667号には桁行き方向の柱スパンが8m以下との制限があります。荷捌きテントのように桁行き方向の柱スパンが8mを超えるものについては、適応外となります。そのようなテントに関しても、666号の規定に沿った設計をすることで、さらに大きく、利便性に富んだテントを建設することが可能です。

お見積もり・お問い合わせはこちら

このページの一番上に戻る